5月GWが終わっても、しろみの玄関先で元気に泳ぎ続けている、大きな鯉のぼりを見た時、
ふと、『3月3日桃の節句が終わったら、すぐにお雛様を片付けなければ、女の子はお嫁に行くのが遅れる、
と言われているのに、鯉のぼりは、5月5日が終わっても、飾り続けていいのかな?
男の子の婚期が遅くなることはないのかな??』と考えてしまい、すぐにインターネットで調べてみました。
地方によっては、片づけが遅くなると出世が遅れる、と言われるところもあるようですが、一般的に鯉のぼりや兜飾りの片づけ時期は、特に決まっていない、と書いてありました。
特に兜飾りは、玄関へ飾って、鬼や邪気が入ってこないように家を守る役割があり、一年中飾っていても良い、と言われているそうです。
男性と女性では、やっぱり大きな差があるようですね。
鯉のぼりも兜飾りも湿気のない晴れた日に、良く乾燥させてから片付けることに気を付ければ良いようです。
ちなみに、居宅45歳男性職員に、ご自宅の節句事情を聞くと、「そういえば、玄関に一年中兜が飾ってあったなぁ・・・」とのことでした(笑)

関連記事

  1. ケアプランセンターしろみより

  2. 地域のニーズに応えるために

  3. ケアプランセンターしろみより

  4. 認知症をしろう

  5. ランチをのぞけば人生が見えてくる

  6. ポトスのその後