オレンジ手帳・オレンジ連携シートについて

諫早市では、高齢者へのより良い介護へつながるよう、医師会などの協力を得て
「諫早オレンジ手帳」・「オレンジ連携シート」を作成、配布しています。
オレンジ手帳
高齢者が元気なうちに、思い出や嗜好、老後の希望などの介護に必要な情報を書き込み、認知症発症などにより意思表示が難しくなった時に、本人の希望に沿ったより良い介護が受けられるよう配慮されています。
これまでの暮らしぶりや、同居家族、介護への願いや要望、長年の習慣などを書く項目や、認知症を早期に発見するためのチェック項目も付けられ、本人だけではなく、家族も一緒に確認しながら記入していくことで、医療や介護サービスを利用する時に、安心できる「時間」や「場所」を作るヒントとなる内容となっています。
現在、特養しろみ、デイサービスしろみ、デイサービスしろみほほえみ、ケアプランセンターしろみでは、諫早市高齢介護課より委託を受け、配布協力事業所として活動を行っており、各事業所窓口に無料配布ができるよう常時準備いたしております。
よりよい環境で穏やかな生活を続けていくための準備として、
「諫早オレンジ手帳」「オレンジ連携シート」を活用されてみてはいかがでしょうか。
オレンジ手帳2
配布については、常時受け付けておりますので、特養しろみへご相談ください。
                                  TEL:0957-21-6263

関連記事

  1. 『認知症なんでも相談会』開催のお知らせ

  2. タクティールケア

  3. あけましておめでとうございます。

  4. あと88日

  5. 夏祭り詳細決定

  6. ドンキーワールド販売日のお知らせ