熱中症について

熱中症とは・・・
①高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく機能しないことにより、 体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、夏には吐き気や倦怠感等の症状が現れ、重症になると意識傷害等が起 こります。
②環境条件と体調不良や暑さに体が慣れていない等体調に関わることが重なると、熱中症の発生が高まります。
 
③屋外で活動している時だけでなく、室内で過ごしている時にも熱中症は発症します。
熱中症が疑われる人を見かけたら・・・
①涼しい場所へ避難させる。
②衣服を脱がせ、身体を冷やす。
③水分・塩分を補給する。
熱中症予防は・・・
①水分・塩分補給
 こまめな水分・塩分補給(特に高齢者は、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分補給を行う)。
②熱中症になりにくい室内環境
 ・扇風機やエアコンを上手に使い、温度調整を行う。
 ・室温が上がりにくい環境を作る。
 (換気・遮光カーテン・すだれ・打ち水等)
③体温に合わせた対策
 ・こまめな体温測定
 ・通気性のよい、吸湿・速乾の衣服の着用
 ・保冷剤、水、冷たいタオル等による体の冷却
④外出時の注意
 ・日傘や帽子の着用
 ・日陰の利用、こまめな休憩
 ・通気性のよい、吸湿・速乾の衣服の着用
 ・晴天時の昼下がりの外出はできるだけ避ける
暑い日が続き、熱中症にかかりやすい環境となっています。
しろみでも引き続き熱中症予防に努めてまいります。
皆様も十分気を付けられ、この夏を乗り切りましょう。

関連記事

  1. 施設見学

  2. 節分会

  3. あと88日

  4. 新年

  5. 「東北地方太平洋沖地震」義援金に協力させていただきました。

  6. 『認知症なんでも相談会』開催のお知らせ